下取り不可の車を高く売るにはどうすればいい?

皆さんは新しい車を購入するとき、今乗っている既存の車をどうしますか?

おそらくですが、多くの人は今乗っている車を下取りに出して、新しい車の購入代金にあてるとおもいます。

しかし、なかには下取りができない車というものが存在します。

もしくは、下取りできたとしても、新車の購入代金に充当できるほど高値で売れないケースも多いのです。

ここでは、そんな下取りを断られてしまった場合や、下取りをしてもかなり査定額が安くなってしまう場合の対処法について解説します。

下取りできない車や、査定額が大幅に減額されるのは事故車

下取りは基本的にディーラーで行われます。

ディーラーは一般的な車屋さんと違って、大企業が運営している店舗なので、信頼感がありますよね。

ただ、信頼感が大きい一方で、下取りの査定額で大きな金額を得るのはかなり難しいことなのです。

そして、そもそも下取りをしてもらえるかどうか?という基準についてもかなり高く設定されています。

例えば、過去に事故歴があったり、修復歴が多かったりする場合には、下取りをしてもらえない場合も多いのです。

もし下取りをしてもらえたとしても、新車の購入金額の足しにはならない程度の査定額になるケースがほとんどです。

そもそも事故車の定義ってなに?

では、事故車や修復歴車の定義っていったいなんなんでしょうか?

この2つの言葉は一般的によく用いられていますが、意外と知っている人は多くありません。

そこで、以下この2つの言葉を簡単に解説してみました。

修復歴車とは?

修復歴車というのは、一般的に以下のように定義されています。

自動車のフレーム(=基本骨格)部分を交換・修復した自動車が「修復歴車」であると、一般財団法人日本自動車査定協会(JAAI)が定義しています。

自動車のフレーム(=基本骨格)は9箇所設定されており、フレーム・クロスメンバー・インサイドパネル・ピラー・ダッシュパネル・ルーフパネル・フロア・トランクフロア・ラジエータコアサポートがフレームにあたります。
これらフレーム(=基本骨格)のうち、一箇所でも修復したことがあれば、修復歴車として扱われます。

事故車とは?

一方、事故車というのは以下のように定義されています。

事故の規模の大小を問わず、事故に遭った車を一般的に事故車と呼びます。
「事故歴」「事故車」といった呼び方は一般消費者向けにわかりやすく説明する時に使われますが、自動車業界ではそのような呼び方はせず、明確に定義された「修復歴」「修復歴車」という言葉を使います。

事故車のなかに修復歴車という概念がある

上で見たように、修復歴車と事故車では、事故車の方がより広い概念であることがわかります。

どんな事故であったとしても、事故を起こしたことがあるのであれば、その車は事故車扱いになってしまうわけですね。

さて、今回のテーマである『下取りができない可能性のある車』というのは、事故車のなかでも特に修復歴車と呼ばれる方です。

もっと具体的にいえば、フレームやクロスメンバーなどを一度でも修復したことのある車は、下取り対象外になることがあります。

では、その場合、現在載っている車はどうしたら良いのでしょうか?

第三者の買取店だとかなり高値がつくことがある

ディーラーで売れない、もしくは買取価格がとても安いという場合には、車買取専門店の査定を受けてみることをおすすめします。

買取専門店の場合、ディーラーで買い取ってくれないようなクオリティの車であっても、結構な高額査定がつくことがあるんです。

実際に私が聞いた話では、ディーラーで10万円と言われた車を買取専門店に持っていったら60万円の査定額がついたという人がいました。

私自身も、基本的にはどのようなクオリティの車であっても下取りではなく車買取専門店に出すようにしています。

最近は便利になったもので、こちらのサイトで紹介されているような買取サービスも登場してきました。

今までは実際に買取業者とのやり取りが必須でしたが、今の時代、スマホや電話のみで買取交渉をすることができる時代になったんですね。

特に女性に多いのですが、車の査定をするときに色々ヒアリングされるのが苦手という人が数多くいます。

そもそも車に詳しくないし、営業トークをされるのが苦手という場合には、直接のやり取りを嫌いと思うのも仕方ないでしょう。

そんな人でも、今の時代は気軽に査定を受けることができるようなサービスがたくさんあるのです。